はじめての方へTrixbox CE2.6IP電話機IP電話サービスPHPAGI参考情報導入事例紹介
トップページ >Trixbox CE2.6 >ファイルをrsync+ssh+cronを使って、リモートサーバ(さくらインターネット)にバックアップする方法

Trixbox CE2.6

ファイルをrsync+ssh+cronを使って、リモートサーバ(さくらインターネット)にバックアップする方法

何かあったときのために、ローカルサーバにあるファイルをリモートサーバにバックアップしたいと思い、
いろいろ試したところ、さくらインターネットにリモートバックアップすることに成功しました。

★その都度バックアップの場合

rsync+sshを使うのであれば、この1行でバックアップできます。
その都度パスワードを入力してください。
---
# rsync -avz -e ssh /home/backup/ username@username.sakura.ne.jp:/home/username/backup/
username@username.sakura.ne.jp's password: *******
---


★cronによる自動バックアップの場合
その都度バックアップで入力必要だったパスワードを入力しなくてもよい設定を行います。
手順は次の通りです。


■ローカル側で、キーを生成します。

# ssh-keygen -t rsa


■ローカル側で、生成されたキーを表示します。
生成されたキーは 「ssh-rsa」の文字列から始まる「1行の長い文字列」です。
コピーしたときに改行されてしまった場合、テキストエディタなどで改行コードを消してください。

# less /root/.ssh/id_rsa.pub
---
ssh-rsa AAAAB3(・・・かなり長いので省略・・・)8Z36DQ== root@localhost.localdomain
---


■リモート(さくらインターネット)で、生成されたキー情報を追加します。

ファイルが無ければファイルを作ってから、生成されたキー情報を追加してください。
usernameは、自分のユーザ名に置き換えてください。

# vi /home/username/.ssh/authorized_keys
などして、最後の行にコピペしてください。


■ローカルで、rsyncの実行

パスワードを聞かれずに、こんな感じで正常終了すれば完成です。

# rsync -avz -e ssh /home/backup/ username@username.sakura.ne.jp:/home/username/backup/

---
building file list ... done

sent 253 bytes received 20 bytes 182.00 bytes/sec
total size is 3010802 speedup is 11028.58
---


★定期的に実行するのであれば、ローカルでcronの設定をしておきましょう。


■cronで実行するように設定
朝の3時30分にバックアップ実行

# echo '30 3 * * * root rsync -avz -e ssh /home/backup/ username@username.sakura.ne.jp:/home/username/backup/' >> /etc/crontab

■cronの変更を反映

# crontab /etc/crontab
# /etc/rc.d/init.d/crond restart
crond を停止中: [ OK ]
crond を起動中: [ OK ]