はじめての方へTrixbox CE2.6IP電話機IP電話サービスPHPAGI参考情報導入事例紹介
トップページ >Trixbox CE2.6 >FreePBXのバックアップ(Backup & Restore)

Trixbox CE2.6

FreePBXのバックアップ(Backup & Restore)

万が一の時に備えて、FreePBXのバックアップ機能を使うことにしました。

1.FreePBXのToolsタブを選択し、System Administrationの欄のBackup&Restoreをクリックします。
もしなければ、「モジュールの追加」 を参考に、機能追加してください。

2.次に「Add Backup Schedule」をクリックします。

3.今回は、「今すぐバックアップ」で設定します。

「Schedule Name」は任意の文字列でOK。ここでは分かりやすいように今日の日付を入力しました。
「Run Backup」のプルダウンリストは「Now(今すぐ)」を選択

4.入力が終わったら、「Submit Changes」ボタンをクリックし、「Apply Configuration Changes」をクリックしてください。

5.コーヒーでも飲んで、バックアップが出来上がるのを待ちましょう。

右メニューの「Restore from Backup」をクリックしてみてください。
バックアップが終わるとこのように、Schedule Nameのリンクが増えています。

---ここからはリストアについてです。

6.Schedule Nameのリンクをクリックすると、次のような画面がでてきます。

表示されているのはファイル名ですが、バックアップされた日、時間.tar.gzになっています。
今回は「Now(今すぐバックアップ)」だったので、1つしかありませんが、Daily、Weekly、Monthly、Yearlyであれば、いくつもファイルができるんでしょうね。

7.ファイル名をクリックします。

ここでファイルを消したり(Delete File Set)、リストア(Restore)出来るみたいですが、また別の機会に試しますので、今回はここまで。